2006年02月25日

CBR125R

やあ、俺だ。
とうとう今日がやって来たぜ。
何かって?
そりゃああんた、新車の乗り出しさ。
先週RF400から乗換えを決めたCBR125Rのね。
この一週間、つやてかで待っていたんで、喜び勇んで店まで乗りに行って来たよ。

さっそく外に出してみると、かなり小さい。というか、ミニチュアじゃねえかと思う程さ。その分車体は軽くて(116kg)、グラブバー握れば持ち上げられる位さ。
さっそくエンジンを掛けてみた。すると、少々嫌な予感のする音でね。
仲間のヤツのコメントを引用するとこんな感じさ。

カブと同じ音

まあ、吹かせばいい音がでるんじゃねえかと前向きに考えておいて、早速走らせてみたらこれがまた

加速しねえ

評判は聞いていたし、まったりバイクだって事は分かちゃあいた。がしかし、これ程とは思わなかったぜ。6速5000rpmで60km/h強まで出るんだが、ここまで持っていくのに必死にならなきゃならねえ。パワーが出るのはせいぜい4000rpm越えた辺りからで、それ以下だとまともに加速しやしねえのさ。3~4速だとせいぜい30~40km/hをさ迷うあたり。お陰で発進時はホント必死だぜ。

またギヤもちょいと微妙で、2速がやや重めなんだろうな。1速からの繋ぎは半クラ使って優しく繋いでやらなきゃダメだ。クラッチをキュパっと繋いじまうと2000~3000rpmまで回転数が落ちちまう。そこで無理にアクセル開けるとエンジンが可愛そうな位の音を出すんで、ここはクラッチワークで逃げるしかなさそうだ。

慣らしの間は低回転でと思っているんで、幹線道路に出るのは暫く先って感じだな。それまではトコトコと地道に走るしかなさそうだ。

ただまあ軽いだけに取り回しは楽で、ちょっと出掛けるのに自転車代わりに使うなんてのはよさそうだ。後、一通なんかも押して歩いちまえるし、街乗りには最適だな。

いい所と悪いところをまとめてるとこんな感じだ。
・エッ、何この古臭いチョーク
・ポロっと外れるタンクキャップ
・2速が重い
・加速しない
・エンジン音はカブ
・急ブレーキは生命の危機を感じる
・とても軽い(持ち上げられる)
・取り回し楽(自転車並み)
・ブレーキはきく

悪い点もあるが、この軽さは俺の大のお気に入りだ。何しろ前のバイクが重過ぎて立ちごけカマす位だったからな。気軽に乗れるってのはとてもいいと思うぜ。
気になる点もあるにはあるが、このバイクに合った乗り方を見つければいいのさ。
とまあ俺のラテンの血は…いろんな意味で騒いでるってトコだな。
posted by mexican at 23:22| Comment(9) | TrackBack(3) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は自転車でも止まり切れずに片足じゃ踏ん張れなくて降りちゃう事あります(笑)ストン、て



じゃあこのバイク原付と変わらないんじゃ.....
Posted by 佐藤真奈美 at 2006年02月26日 00:46
ドモっす!ニュウまっしーん納車おめでとうございます。400から125では加速などなど、ショボク感じるのはしかたないとしつつ、生活スタイルに合わせた、マシンチョイスに、大人のバイカーを見いだしました、若造どもはやたら、デカイのを求めたがるも、若さゆえの過ちに陥りがちなもの、おとなの嗜みっうヤツで、ツーリングレポート、楽しみにしてます。
Posted by サキソフォンたなか at 2006年02月26日 01:27
>佐藤真奈美さん
あー、おばちゃんとかよく自転車降りちゃいますが、ひょっとしてそんな感じ?
自転車は制動性が悪いので、スピード出すと危険ですよね。降りちゃうのはある意味正解だと思います。
まあその、125ccは"原付2種"ですからね。高回転まで持っていけば100km/h出るらしいので、慣らしが終わったら色々楽しめるかなと思っています(慣らしは5000prm位までしか回さない)。

>サキソフォンたなかさん
ありがとうございます。約1/4ですからね、非力なのは仕方ないと思っております。
なので、今までのバイク(というかエンジン)がいかに素晴らしかったのかという捕らえ方ですね。最近は街乗りメインですし、むしろこの方が向いてるかなと思ってます。
やっぱねー、法定60km/hの道に大型とか必要ないです。今までの感触では250ccあれば十分って感じ。車に付いていく程度なら125ccで十分いけます。
Posted by mexican at 2006年02月26日 20:06
 外足過重は当然として、右や左へとタイトカーブの続く峠でのひらひら感は、どうなのですか?
Posted by 近藤妥 at 2006年09月17日 10:17
まだまだ慣らし中なんで激しい乗り方はしてないんで、カーブの立ち上がりはあまり吹かしたりしてないんですよ実は。
軽量なだけに遠心力は少ないし、特にフロントが軽いから差込むのはとても楽です。高回転を維持していれば、立ち上がりの遠心力を利用してスムースに切り返しできると思います(今俺はこれができていないので…)。

ただポジション的に上体が起き気味なので、意図的に前傾しないと左右の切り替えしに難ありという気がしますね。この辺りはポジションが決まってくればいいのか、という感じでしょうか。
もうちょっと腹に当る位タンクの膨らみがあると低いポジション取りやすいんですけどね。
Posted by mexican at 2006年09月17日 20:55
>軽量なだけに遠心力は少ないし、特に
>フロントが軽いから差込むのはとても
>楽です。高回転を維持していれば、立
>ち上がりの遠心力を利用してスムースに
>切り返しできると思います

 ありがとうです。

 歳がばれますけど、、
 昔、月刊『オートバイ』の特集記事で、
 NSR80がNSR250Rにタイトなカーブが続く峠で勝ってしまったんです。
 昔は、大排気量バイクが(事実上)規制されていましたけど、コンパクト&軽量って、物凄く有利なんですよね。
 まぁ、時代は繰り返すって言いますので、125ccクラスで高性能なバイクが国内販売用に作られますよ。これを強く期待しています。
Posted by 近藤妥 at 2006年09月18日 23:46
250CCに80CCが勝ちますか!そいつぁ凄い。NSR80というと多分スケールの小さいヤツですよね?それなら体とカーブの連続なら回転半径とか車重から有利かもしれませんね。

CBR125はまあ、早く走るというより気軽に楽しむというのが向いている感じですね。これが今の俺には丁度良くて、近場をちょろちょろと走り回ってますよ。
買った当初は本気でhornet辺りに買い直そうかと思いましたが、最近はこんな感じで馴染んできています。
Posted by mexican at 2006年09月22日 19:43
>250CCに80CCが勝ちますか!そいつぁ凄い。
>NSR80というと多分スケールの小さいヤツ
>ですよね?それなら体とカーブの連続なら
>回転半径とか車重から有利かもしれませんね。

 250ccだとタイトカーブでは、半クラッチを使わなければ、パワーバンドを維持できなくて、失速したらしい。
 あと、おっしゃるように、NSR80は車高も低いしとにかくコンパクト。それゆえ、スピードレンジの低いタイトなカーブが続く峠では、NSR80が勝ってしまったって結果になりました。

Posted by 近藤妥 at 2006年09月29日 17:47
成る程、ワタクシ2ストは原付スクータしか乗った事無いんでよくは知らないのですが、2ストレーシングはパワーバンド使わないとダメだと聞いた事があります。

軽量マシン程コーナー楽ですよね。乾燥重量150kg辺りまでならさどのキツくはないですが、前に乗っていたRFは200kgありましてね、倒し込むのは大変だし、切り返すと振られるしで大変でした。いやあ軽量ってのはいい事だと実感しています。

この重量で200cc位のバイクが出てくれればな、というのが最近の夢です。最強マシンの予感。
Posted by mexican at 2006年09月30日 13:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13779950

この記事へのトラックバック

CBR125R
Excerpt:  大型二輪免許が取り易くなったので、レッドバロンに置いてあると自転車みたい。  でも、色々、バイクを経験すると、俺の腕では、CBR125Rって峠最速って気がするんだけど、どうなんだろうか?  正直..
Weblog: 近藤妥の「C言語で始めるWindowsプログラミング」のジオログ
Tracked: 2006-09-17 10:02

CBR125Rがやっぱ気になる
Excerpt: さっき飲んでたときの話の続きね。 続きか?…まあいいや。 まぁバイク乗りでもな...
Weblog: I c e c r e a m - n e t . c o m
Tracked: 2006-11-11 03:23

CBR125Rがやっぱ気になる
Excerpt: さっき飲んでたときの話の続きね。 続きか?…まあいいや。 まぁバイク乗りでもな...
Weblog: I c e c r e a m - n e t . c o m
Tracked: 2006-11-13 12:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。