2010年04月18日

錦糸町は、軍服を売っている街

やあ、俺だ。

今日はちょいと足を伸ばして、江東区は錦糸町の街へ行ってきたぜ!
錦糸町ってのは、なぎら健一やら飯島愛なんかがウロついていそうな街でね、
下町と呼ばれちゃあいるが、四角いビルが立ち並んでいる、都会の街だ。


そこにあべこうじがやって来るってんで見に行ってみたんだが、それが
人がごった返してやがったんで諦めて、近くにある、桜の散った錦糸公園を
ブラついてみようと、寄ってみたのさ。

するとどうだい、さくら祭りも終わって閑散としているかと思っていたが、
なにやら人だかりがしているじゃあないか。何か、今日の錦糸町はどこも
人だかりなのかい?

そう思って人だかりに近づいていると、青空市をやっていやがったのさ。
どこもヌル目の、着古した服やら陶器やらを持ち寄って、50円100円で
売っていやがるぜ。ああ、これぞ青空市って感じでな!


そうやってそぞろ売り場を見回っていると、古着をかなりの数揃えた、
業者がやっているっぽい売り場があってな。男物が充実していやがるんで
ちょいと覗いてやったのさ。
そしてその中に、俺は見つけちまった。

軍服だ。


しかも自衛隊の、名前入りに階級章付きだぜ?
こいつは買うしかねぇ!そしてこいつを着て

銃を向けられるたびに5セント貰ってたら今頃大金モチだぜ

って言ってやるんだ!!
…と思ったんだが、どうにもこいつはサイズが小せぇ。
肩がキュウキュウでツンツルテンだ!

くそう、残念だ。
こいつを着て、キメ台詞を言えないなんて。
そんなサイズ違いのもどかしさに、
俺のラテンの血が騒ぐぜ。
posted by mexican at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Train of Tought | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。