2006年04月11日

確認はしっかりと

やあ、俺だ。
今日の帰りの千代田線での事だ。
西日暮里で電車が来るのを待っていると、ホームに電車がするりと入ってきた。その電車がゆるゆると速度を落とした時、まるで時間がスローモーションの様にゆっくりと流れる様な感覚に襲われちまってね。そしてその時。窓越しにある物体が目に留まったのさ。

奇妙な光沢の、黒い物体。

アレだ。間違いない!
俺はその黒い物体が見えた付近のドアから電車に乗り込み、調査に乗り出した。

電車に乗り込んだ俺の右手、3,4m離れた辺りで、その黒くてふさふさしたその物体は、床からおよそ150-200cm程の所で滞空していやがる。丁度、さるセニョールの頭上にぴったりと張り付いてね。だがセニョールは頭上にそんな物体がある事に気付かねえのか、何気ない素振りだ。周りの人も気付いちゃいない。

そうこうしていると、そのセニョールの近くの席が空き、セニョールが席に座ろうと動き出してね。
ようし、チャンス到来だ。
俺は危険を顧みず、セニョールに近寄って俯瞰からじっくりと確認した。
モミアゲ付近だけに生えた白髪、髪質の2ブロック、そしてなにより7:3の分け目から地肌がまるで見えやしねえ。

BINGO!

俺が達成感に包まれたその時、無情にも電車は亀有に着いた。俺は電車を降り、そしてホームを歩いている途中、席に座っているセニョールの後頭部を窓の外から再度確認した。

つむじが、無かった。

ふっ、ここ数ヶ月ばかりお目に掛かれなかったが、冬眠でもしていたのかい?春になったから活動し始めたってぇのかい?久しぶりの接近遭遇に、俺のラテンの血がつい騒いじまったよ。
posted by mexican at 23:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 鬘草子(かつらのそうし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どもっス!目につくと、やめられない、とまらない、k2rヘッド観察、なぜか目が釘づけになってしまう、発見したときの感動と、罪悪感は、セニョリータのパンチラを目にした時とにているのは、やはり・・・
Posted by サキソフォンたなか at 2006年04月12日 01:33
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!
k2rネタ。久々ですね。

ヤッパリ冬場は冬眠していたんでしょうか?
冬場の方がヅラがあった方が、暖かいですよね。キット

最近ではもっと 性能が良いヅラが出回っているから B級ヅラ?の存在を探すのが難しくなっていくんでしょうね。
Posted by nyankonosuke at 2006年04月12日 10:02
最近とある先生の髪の毛が充実したように見えます。隙間が埋まったというか



ヘアコンタクトでしょうか.....



この記事でk2rの見分け方を知れたので良かったです(笑)
Posted by 佐藤真奈美 at 2006年04月13日 00:58
>サキソフォンたなかさん
目が釘付けになるけれども、目を合わせるとそれ即ち死。それがk2rハンターというものです。パンチラはまだいいさ、罪悪感と共にそこには小さな幸せが。
だのにk2rは。k2rは…悲しみしか残らない。
私は楽しいk2rを目指し努力しています。

>nyankonosukeさん
いやホント、冬の間は全くと言っていい程見かけませんでしたが、春になるとつくしが目を出すかの様にそこかしこに。無ければないで寂しいけれど、在ればあったで心が痛む、困ったものです。
k2rも日進月歩、いずれバイオテクノロジーやナノテクなど利用して、髪に近いものが出来てくると思うのですよ。

>佐藤真奈美さん
教師は心的負担の大きい職業ですから、k2rの着用率はかなり多いのではないかと思います。短期間で見た目の変化が感じられるというのは、かなり怪しいです。
ヘアコンタクトは耐久性が低いらしくかつ高価だそうで、教師には厳しいコスト負担。これを踏まえて、今後先生の衣食を観察してみて下さい。ケチってきたなと思ったらそれはまず間違いありません。アレです。
Posted by mexican at 2006年04月13日 23:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16441647

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。