2011年07月10日

新小岩は、おやじの足の街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20110710.jpg

こいつは新小岩のドラッグストアで見付けた謎の薬品だ。
おやじの足だってぇ!?
そいつは聞き捨てならねぇな。

ああ、確かにある。
臭い匂いってのには中毒性があるよな。
中にゃあ、千葉で一番足の臭い男が1週間履いたってぇシロモノ(靴下)を、
捜し求めて夜店を彷徨うなんてヤツも居るそうだ。

それか。それなのか。
そのエキスが、凝縮された濃厚なアロマなのか。

そいつがたったの980円なら安いもんさ。
オヤジ、そいつをグロス買いだ!

これで今日からオヤジ臭にまみれて過ごせるのかと思うと、
ああ、なんてエキサイティングなんだ。
俺のラテンの副鼻腔が、騒がずには居られねぇ。
posted by mexican at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。