2012年03月25日

浅草橋は、弁当前提の街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20120325.jpg

こいつは浅草橋で見つけた店の看板なんだが、
普通にやり過ごそうとしても何故か気になってね。
いや、腑に落ちねぇとでも言えば良いか…
とにかく気になったんだ。

そして一体何が腑に落ちねぇのか考えていたら、ようやく分かったぜ!
レストラン弁当ってのは、レストランの味を味わえる弁当って事だよな?
つまりそいつはレストランで供されなきゃ意味がねぇんだが、
こいつにゃレストランが無くて、弁当しかなのさ。

おいおい、そいつはただの、弁当なんじゃあないのかい?
そんなレストラン抜きのレストラン弁当に、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/260074312

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。