2012年06月10日

四谷は、剣の街

やあ、俺だ。

この前総武線に乗っていた時の事なんだが、
四谷から、一人の女性が乗ってきたのさ。
その人は、スーツケースを転がしていたんだが、
そのポケットのところに、妙に気を引く金属的なヤツを指していたのさ。

何だと思って見ていると、その浮世離れした代物に、ようやく気が付いた。

これは、剣だ。
剣の柄じゃねぇか!
刀身の所を布で巻いちゃあいるが、
こいつは間違いなく、剣だぜ。

おいアンタ、随分と物騒な物を、気軽に持ち歩いていやがるじゃねぇか
ソイツは護身用かい?

と聞く間もなく電車が駅に着いたんで、俺は下りて行ったんだが、
アレは一体どういう意図なのか。
あまりに物騒な物の雑な扱いに、
俺のラテンの血が騒ぐぜ。
posted by mexican at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Train of Tought | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/274363117

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。