2007年09月17日

窓からお客さん

やあ、俺だ。
昨日の夜は仲間と焼肉と洒落込んでいてね。ビールと肉を後先考えずに買い込んで、飲んで食べて歌って踊ってと大変だったのさ。

そんな宴の途中なんだが、思いがけないゲストが登場してね。俺達が肉を喰らうのを、窓の外からが、目を輝かせて見つめていたのさ。

おやおや、こいつは可愛らしいお客さんだぜ。そう思ってお呼びしようかと思ったんだが、猫はひょいと逃げちまってね。
惜しい事をしたもんだぜ。逃げずに待っていりゃあ肉の一切れもあげようかとおもっていたのにな。

男同士の色気の無い宴を盛り上げてくれたお客さんに、俺のラテンの血が騒いじまったという訳さ。
posted by mexican at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | Train of Tought | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「いい匂いがするにゃ〜」と近付いてみると、焼き肉パーティをしながら、歌い踊る妖艶な男たち。
目が合った瞬間にその猫の脳裏に浮かんだのは、「ヤバイ、食われる?!」だったのかもしれません(笑)
Posted by ひろたん at 2007年09月22日 16:28
>ひろたん
そうですね、確実に喰いますね。
まあその、美味しく頂くというか陵辱するというか撫でくり回す感じで。
しかし、なぜ俺たちの焼肉パーティの内容をそんなにご存知で?
Posted by mexican at 2007年09月24日 21:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55822369

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。