2012年04月22日

錦糸町は、ミクロの街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20120422.jpg

ミクロアイと聞いて真っ先に思いつくのは、
顕微鏡ってとこじゃあないか?
ミクロのアイだからな。
そういう製品もあるって、聞いた事もあるしな。

だが、その裏をかく様に、プリントショップと来たもんだ。
こいつは一体どういう事なんだ?
顕微鏡の図柄をプリントするのか、
顕微鏡で見た画像をプリントするのか。
ああ、微生物の拡大写真をプリントするってのなら、一部のマニアに受けそうだな。

それともナニか、小さい目を、白の無地に小さ〜くこっそりプリントするのかい?
ああ、コイツは難問だ!

このミクロアイの意味するところに、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

蒲田は、おしゃれな街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20120415.jpg

こいつは蒲田近辺で見つけたクリーニング店なんだが、
この店名が、とてつもなくイカすだろう?
80年代テイストが、ビンビン伝わってくるよな。

ちなみにこいつはそこそこの規模のチェーン店らしくてね、
ホームページまで持っていやがったのさ。
するとどうだ、別でやってる宅配便の名が"くるくる便"と来たもんだ!

ああ、この手作り感と 80年代テイストに、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

馬喰町は、女子高生の街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20120408.jpg

ある日、俺は気が付いた。
オフィス街のビルの一角から送られる、女子高生の熱い視線に。
ハッ、俺も罪な男だぜ。
お嬢ちゃん、俺に惚れちゃいけねぇ…
って、人形じゃあないか!
しかも胸像と来たもんだ。


…まあ、全身の方がある意味危険だがな。

しかしまあ、こんな風にリアル志向の女子高生を作るなんざ、
作者は余程の好きモノか。
そんな趣味の合いそうな作者が造った女子高生の胸像に、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

馬喰町は、テープの街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

まあ、何だ。
俺のカツラ好きは今更説明する必要もないだろう。
この俺の、ハンターとしての半生は、そろそろ映画化されそうな勢いだからな。
そんな俺に、こんな挑戦状さ。

20120401.jpg

ああそうだ、かつらは一種のアクセサリーだよな。
ボディーを装飾する、な。ああ、分かるぜ。

だがどうだ、店の名前が村松テープってのはよぉっ!
ズラをテープで止める気かっ!!

そんなんじゃ、風が吹いたら飛んじまうじゃあないか!
安易な店名に、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

浅草橋は、弁当前提の街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20120325.jpg

こいつは浅草橋で見つけた店の看板なんだが、
普通にやり過ごそうとしても何故か気になってね。
いや、腑に落ちねぇとでも言えば良いか…
とにかく気になったんだ。

そして一体何が腑に落ちねぇのか考えていたら、ようやく分かったぜ!
レストラン弁当ってのは、レストランの味を味わえる弁当って事だよな?
つまりそいつはレストランで供されなきゃ意味がねぇんだが、
こいつにゃレストランが無くて、弁当しかなのさ。

おいおい、そいつはただの、弁当なんじゃあないのかい?
そんなレストラン抜きのレストラン弁当に、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

浅草橋は、禁止の街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20120318.jpg

こいつは浅草橋で見つけた、とある建物の張り紙だ。
この世知辛い世の中だ、寝泊りってのはちょっと目を瞑ってやってもとも思うが、
酒盛りまではイケねぇよな。

しかも酒盛り→寝泊りまでされちゃあ、ここは宿屋かっ!
って突っ込みたくなっちまうよな。
そういうのは錦糸町ででもやってくれって、な。

そんな突っ込みがひしひしと伝わってくる張り紙に、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

浅草橋は、ローソクの街

浅草橋は、ローソクの街
やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

201203041.jpg

こいつは浅草橋で見つけた看板なんだが、
このローソク一本でやって行きます!ってな気概を込めた社名がイカすよな。
これでもしローソク以外もやっていたら、承知しやしないぜ!?

だが、そいつは杞憂だ。
このビルの前を見てやってくれ。
201203042.jpg

このローソクのオブジェに込められたソーソクに掛ける熱いソウルは、本物だぜ!

こいつは間違いねぇ。
この揺ぎないローソク魂に、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

浅草橋は、メタロの街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20120219.jpg

こいつは浅草橋を歩いていたら出くわした会社だ。
最初はタメ口(ぐち)かと思ったんだが、そいつは間違いだった。

そう思っちまったもんだから、この会社の名前が
メタクチなんだか、メタロなんだか、気になっちまってね。

なんて思っていたらだ、なんとアド街ック天国で名前が出ていたらしいじゃあないか!

すまねぇ、どうやら俺の勉強不足だった様だな。
案外有名なメタロに、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

浅草橋は、コオリの街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20120212.jpg

こいつは浅草橋辺りで見つけた看板なんだが、
コオリってな会社の名前が、イカすだろう?
それで思わず撮影しちまったのさ。

やっぱり氷なのか? 氷屋なのか!? と思っていたらなんと、



だったんだぜ、意外だよな!
しかも社長の名前だったとはな!!

そして案外手広くやっているコオリに、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

新小岩は、フオームの街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20120205.jpg

こいつは新小岩で見つけた謎の書き文字だ。
多分会社か何かだろうとは思うんだが、謎が謎を呼ぶ感じでね。

何しろフオームってのが多分フォームなんだと思うんだが、
仮にそうだとしてだ、
フォームスワンって、何なんだい?
…まさか、ベストキッドに出てきた鶴の構えの事かい!?

そんな名前を付けちまう小粋な会社に、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

新小岩は、あやまちが起きる街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20120129.jpg

スナック あやまちだ。
一体何が過ちなんだろうな?

単なるミステイクなのか、
犯罪でも犯しちまったのか、
一夜限りの情事なのか。

そんなイベント満載な予感のこのスナックに、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

水天宮は、まさしが100円な街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20120123.jpg

こいつは水天宮のバス停付近でみかけた100円ショップなんだが、
まあその、何だ。まさしだよ。

ああそうさ、まさしだよ。
まさしなんだよ!!

どういう経緯でまさしになったのか?
あのまさしなのか、あのまさしでないのか!?
そんな熱い疑問に、俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

上野は、APMを兄貴と尊敬したくなる街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20120115.jpg

こいつは上野公園で見掛けたAPMさんの風船だ。
どうだこの、股間のイチモツは!

3本目の足ってのはこの事なのか!と思わせる存在感だ。
しかもそこにはこう書いてある。
"それいけ!"

先っちょに何か突起を入れてあるしな。

スゲェ!
スゲェぜ、アンパンの兄貴!!

その股間のダンディズムに、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

亀有は、非常のサインが本棚にある街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20120101.jpg

こいつは亀有のbookoffで見付けた警報機だ。
あまりに本棚の密度が高過ぎて
棚の中に警報機が入っちまうなんてな!

ここに赤いシグナルがあると分かるヤツが、どれだけ居るんだろうな。

しかも周りのマンガが萌えマンガだなんて!
この高密度な燃焼加減に、俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

日本は、科学を悪に使わせない国

やあ、俺だ。
遅ればせながら、フェリスナビダ!

今日は12/25、クリスマスだ。
どこかの国で誰かが馬小屋で生まれた日だぜ!
馬小屋!?そいつはシケてんな!!
俺ならせめて、産湯に浸かりたいぜ!!!

まあそんなジョークはさておき、
アンタのトコにゃ、セントニクラウスは来たかい?
おおっと、ジャックニクラウスじゃあないぜ、セントの方だ。

ウチには来たぜ!
そしてこいつを、プレゼントしていってくれたぜ!!

20111226.jpg

電人ザボーガーDVD BOXさ!
こいつを知らねぇ悲しいジェネレーションには、一応説明しておこう。
こいつはな、ロボでバイクでGベストでマイクが湯沸かし器で、
科学を悪に使うとやっつけられちまう、昭和のアクションロボットヒーローだ。
この主人公と思しき人の顔の熱さ、たまらないだろう?

俺の幼少期に放映していたこの熱いドラマが 2011年、映画化されてね、
それで劇場に観に行ったらアラ不思議、手元にこのDVD BOXが届いていたのよ。
サンタさんも、よく分かっているよな。
普通こんなモン、寄越しゃしないぜ?
それが12/25に起きてみりゃ、枕元に置いてあるんだからな。
サンタの野郎、侮れやしねぇ。
恐ろしいまでの情報網だ。
ひょっとしてヤツは、インターネットのエキスパートか?

そして今、このDVDを観まくっているんだが、
ホントにもう楽しくて楽しくて仕方がねぇ。
素晴らしい。昭和の特撮はエンターテインメントの宝庫だぜ!

この俺の胸を熱く焦がすDVDに、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。

※ところでどうして、ジャンルに日本・正義・科学が無いんだろうな!?
posted by mexican at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

上野は、大仏が局所的な街

やあ、俺だ。
お前さん、大仏って言ったらどこを思い浮かべるかい?
奈良か、鎌倉か。まあメジャーどころを思い浮かべるよな。
ところがどっこい、実は上野にも大仏はあるんだぜ!?

それが、こいつさ。

20111218.jpg

って、顔だけかよ!
しかも鼻やら白毫やらが、異様にデカいぜ!

どうやら昔はちゃあんとボディーもあったらしいんだが、
関東大震災で顔が落っこちちまったらしいのさ。
さらに戦争でボディーも取られて、
今では、顔だけが祭られているんだそうだ。

そしてさらに歴史を紐解くと、
何と 4回も破損・損傷を経て、今に至るらしい。

こいつはオドロキだ。
悟りを開くまでの苦行だけならまだしも、
仏像となってまでもこんなに苦行を続けていたとはな。
そして最後は顔だけの露出プレイ。こいつは厳しいじゃあないか!

そんな仏のMっぷりに、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

上野は、体重計が行列の街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20111204.jpg

こいつは上野のとある山で見かけた光景なんだが、
このエテ公共、何故か体重計待ちの行列を作ってやがるのさ。
珍しいだろう?

一体どうしたってんだろうな。
エテ公共にもダイエットの波が押し寄せているって言うのかい?
メタボ判定されると、医者から指導されるとかな。

ああ、嫌な世の中だ。
エテ公が体重計に列を作るこんな時代に、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

浅草橋は、肉酒場の街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20111127.jpg

こいいつは浅草橋で見付けた酒場だ。
大衆肉酒場
言葉の響きと力強さが心地いいじゃあねぇか。

だがここへ入るとなると、こいつはなかなかの強敵だ。
この店構えからすると、まず間違いなく常連の客達が振り返って見るだろう?
そしてむすっとしたオヤジに注文をしても聞いている風はなく、
ダンッ! と温いビールを出されるのがオチだ。

そして店の奥からゴロツキ共が近寄ってきて、肩を叩いてこう言うのさ。
"おい、見ねぇ顔だな、ここはお前ぇさんの来るトコじゃないぜ?"
銃をチラつかせながらな。
そして件の如くの撃ち合い。この界隈じゃあ、よくある事さ。

おおっといけねぇ、話が逸れちまった。

ところでこの写真のしたのトコに、かき氷の旗みてぇなヤツに
"肉"って書いてあるんだが、
こいつは店のオリジナルなのか、よくあるモンなのか。
古そうに見えて実はそういった雰囲気を狙ったしたたかな店なのか。
そんな疑問に、俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

立石は、調味料がJT産の街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20111120.jpg

こいつはおっさんの聖地、葛飾区立石で見つけた調味料の箱だ。

うま味調味料 旭味、か。
20kg入りってのが業務用感を強調しているじゃねぇか。
…こんだけ科調を堂々とひけらかされちまうと、
少々引くがな。

ところでこいつの右上に、
JT って書いてあるよな。
って事は、日本たばこがこいつを作っているって事かい?
なら、こいつはたばこ味だったりするのかい?
そんな予想外の製造元に、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

立石は、せんべろの街

やあ、俺だ。
ところでこの写真を見てくれ。
こいつをどう思う?

20111113.jpg

こいつはおっさんの聖地、葛飾区立石のもつ焼き屋、
江戸っ子で見つけた張り紙だ。

千円でべろべろに酔っ払えるってな意味で
せんべろなんて言うらしいんだが、
それをあのソムリエの、田崎真也がやっていやがるとはな。
驚きだぜ。
だってそうだろう?
あんな高級ワインを扱っている御仁がだ、
ボルドーワイン1本買えるかどうかってな金で
酔っ払おうってんだからな。
それに言っちまうと…そんなに美味いもんじゃあないぜ?
ここ界隈の酒場じゃあ、酒は美味さよりも濃さの方が重要だからな。
どちらかと言えば、もつ焼きの美味さの方が重要だしな。

ソムリエがこの酒を飲んでどう思っているのかを想像していると、
俺のラテンの血の騒ぐぜ。
posted by mexican at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenes From A Memory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。