2009年01月25日

おっさんの頭源郷

やあ、俺だ。
先週の土曜なんだが、ちょいとまた葛飾は立石という、
おっさんの桃源郷に酒を飲みに行って来たんだがね。

そこで、俺の様なラテンっ子が行きたくなる、さる店に入ったのさ。
そこで隣に座っている連れの仲間を見ていると、その頭越しに
隣のセニョールの頭部だけが垣間見えたんだがね、その頭部が

大人のふりかけ

だったのさ。
まいっちまったね。
何だい、このジオラマみてえな頭髪は!
一息で吹き飛ばしてやりたくなっちまうじゃあないか!!


とまあ、そんな怒りを押し殺しつつ次の店に行ったのさ。
するとどうだ、店に入るなり目に入った店のオヤジの頭部が

これがまた安いカツラ

でね。3枚セットで買ったんじゃあないかってな位粗悪な代物で、
誰が見ても分かっちまうってな具合なんだよ!

まあ、安酒場のオヤジだ、高いカツラは買えねぇだろう。
だが、客商売に、その安っぽい一物はあんまりだ。
料理をしながら一物がつるっと落ちて、もつ煮込みの鍋にでも落ちちまったり
しないかと気になって気になって仕方がねぇぜ!

そしてそのカツラ入りの煮込みを出されちまったりしちゃあ…
ふう、俺のラテンの血が騒ぐぜ!
posted by mexican at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 鬘草子(かつらのそうし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

ダンサー

やあ、俺だ。
今俺の隣りにダンサーがいるんだ。
ダンサーと言っても、今風のダボついた服を着ている訳でもなけりゃ、ドレスを着ている訳でもないぜ。

頭だ
頭に段差があるんだよ
襟足のトコに、横一文字に、生き物と作り物の境界線がクッキリと活断層を形成していやがるのさ!

くそう、おまけにつむじはねえし、分け目も地肌が見えちゃいねぇ。
本物だ
本物の偽物だ

セニョール、きっとお前さんはこれで上手く騙していると思っていやがるんだろうが、そうは問屋が卸しやしないぜ!

この疑惑の段差に、俺のラテンの血が騒いじまったからにはな!
posted by mexican at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 鬘草子(かつらのそうし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

3すくみ

やあ、俺だ。
今日の昼頃、千代田線に乗っていた時の事なんだがね。
俺が席にゆったりと腰を落ち着けていると、電車が北千住の駅についた。そこではいつも大勢の客の昇降が繰り返される。そして今日もその筈だった。その筈だったんだ。

だが、今日はちょいとばかり違っちまったんだ。

電車の扉がガラリと開くと、そこには60過ぎのセニョールが立っていた。即頭部は白髪混じりなのに、頭頂部は黒々としている。だが、見たところ…そいつは岩海苔みてえに頭に張り付いていやがるんだよ。

こいつは見覚えがあるぜ、"大人のふりかけ"ってヤツだ!
老け込んだセニョールに振りかけると、みるみる若返っちまうっていう例のヤツさ。

そしてセニョールは俺の前、向かいの席の吊革に手を伸ばした。
するとどうだい、セニョールの後頭部が、こんな感じになっていたのさ!

海苔
地肌
白髪

いや、まいったね。俺も今まで数々の修羅場を潜り抜けてきたつもりだが、こんな厳しい現場は初めてだぜ。

あまりの苦境に辺りを見回すと、近くの手すりに捕まっていたセニョリータが、やはり海苔の貼り付いたセニョールを、やや上目遣いで、口をあんぐり開けて見ているのに気付いた。セニョリータの表情には、恐怖と焦燥、そして好奇がありありと伺えたもんさ。

それに気付いちまったばっかりに、俺はもう、噴き出しそうになっちまってね。

岩海苔と、それを見つめるセニョリータと、そのセニョリータを見つめる俺を乗せて、電車は走ってゆく。
この3すくみみてえなスリリングな状況が、俺のラテンの血を騒がせるぜ。
posted by mexican at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 鬘草子(かつらのそうし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

大人のふりかけ

やあ、俺だ。
昨日の帰りに千代田線に乗っていた時の事だ。
寿司詰めの電車の中、俺とは反対側のドア辺りに、50台のセニョールが居てね。遠目に見ると少々髪が薄いかってな感じで、特に気に留めちゃあいなかったんだ。

それが暫くして、ある駅で乗り降りが入った後、何故か俺の目の前にこのセニョールがやって来た。するとどうだ、何やらキナ臭いじゃあないか。
頭頂部付近、頭の50%程だけ髪が痛んでいる様な、ゴワゴワした感じでね。よく見てみると何かこう、粒状なんだ。それが髪だけじゃあない、頭皮もそんな風なのさ。
しかも頭の半分位だけがな!

くそう、この頭を見ていると、何故か胸騒ぎがしてくるぜ!
そこで俺は目を凝らしてよぅく観察してみた。するとどうだい

毛髪が、殆ど無い

それなのに、頭には岩海苔みてえに黒い何かが張り付いていやがる。何てこった、こいつは…

畜生、"ふりかけ"か!!

そう気付いてみると、ふりかかっているところとそうじゃないところではっきりとした違いが見て取れる。何しろ頭のある部分から急に、頭皮が黒く塗り潰されているんだからな。まあ遠目にはごまかせるかも知れねえが、少なくとも1m以内に近付けば、嫌が応にも分かっちまうぜ。

こんな代物じゃあトウシロだって誤魔化せやしねえ。しかもk2rハンター界にこの人ありと言われたこの俺だ、ものの3秒で見破っちまうさ。

こんなチンケな"大人のふりかけ"を喰らわされちまっちゃあ、俺のラテンの血が騒ぐってもんだぜ!
posted by mexican at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 鬘草子(かつらのそうし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

男は黙って

やあ、俺だ。
今日は久しぶりに有休を取ったもんで、夕方に飯を喰らいながらTVを見ていてね。いやぁ、こんな穏やかな休日は久しぶりだと和んでいるとだ、サッポロビール買収のニュースが流れたのさ。

ああ、せっかく育て上げたブランドを売ったり買ったりと、金の亡者はどこにでもいるんだなと悲しい思いで見ていたって訳さ。

…だが。
そんなニュースも感傷も吹き飛ばす映像が、俺の目に飛び込んできやがった。
買収騒動の対応でインタビューを受けていたサッポロHDの偉いおっさんが…そ、その何だ…

k2r

これがまた会社のお偉いさんだってのにひどい安物でね。そうだな…例えるならX-MENに出てくるマグニートーってヤツがいるだろう? あのジイさんの被りモノみたいなすっぽり被る様なヤツで、そりゃあもう瞬時にk2rだって分かっちまうヒドいもんなのさ!

やれやれ、困ったモンだぜ。外人どもは株を公開買い付けするらしいが、俺ならそんなモノは買わないね。このおっさんのk2rを公開買い付けしてやるさ!
せっかくの休日に見せつけられた衝撃映像に、俺のラテンの血が騒いじまったぜ。
posted by mexican at 19:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 鬘草子(かつらのそうし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

肌でない肌色

やあ、俺だ。
よく分からねえが、どうも春先はイケねえな。風邪に花粉に、そしてk2rに、だ。
何しろこのところ、朝と夜1日2回はお目にかかるというかおk2r目にかかるってな状態だ、まいっちまうね。しかもこれがドリフのコント並の代物で、遠くから見てもまる分かりだから困ったもんさ。

だが今日の帰りに見たのは、なかなかの逸品だったぜ。ぱっと見にゃあk2rの淡く切ないオーラを感じるんだが、

分け目がありやがる

大抵の安k2rってのは分け目を見えない様にごまかしていて、密度が濃い割にゃあボリュームがないもんなのさ(例外としてささきいさおの様に異様にボリュームがあるタイプもある)。だがコイツは肌色の分け目があって、ボリュームもそこそこあるのさ。これにはさすがの俺もk2rかどうか判断に迷っちまったよ。

だがよく見てみるとだ、その分け目も何やら網目が入っていて、ちょいとおかしいのさ。そして何より決定的な証拠があった。

つむじがねえ!

まあ何だ、そこそこ名の知れたk2r職人の仕事かも知れねえが、俺にかかればこんなもんだ。俺の目を欺こうなんざ、百年早いぜ!

しかしこの肌色の分け目まであるk2rってのはどうなんだろうな?肌色だが肌じゃあない。まるで中国の禿山を緑のペンキで塗っちまったみてえな仕事っぷりにゃあ、俺のラテンの血がちょいとばかり騒いじまったぜ。
posted by mexican at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 鬘草子(かつらのそうし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

萎びたミカンの方程式

やあ、俺だ。
今日は本当に久しぶりに早く帰れてね。じゃあちょっと晩飯は美味い物でもと、オリジン弁当へやって来たのさ。
何、貧乏臭いってぇ?いやいや、ここののり竜田揚げ弁当が絶品なんだよ。どれ位絶品かと言うとだな、"カレーZEPPIN"並の絶品加減さ。特にあの、竜田揚げに絡めるソースと、かつおぶし層付きでちょっと濃い味の海苔弁当が堪らないんだよな。これを毎日食っていたらメタボリックも高血圧もドンと来いってなとこだが、分かっちゃいるが止められねえってヤツなのさ。

そんなウキウキ感で弁当を注文してふと辺りをみると、俺の他に一人のセニョールが弁当の出来を待って席に座っていた。で、俺も座ろうと席の方に歩を進めた時、俺はハッと気付いちまった。

まずい、k2rだ!

遠くから見ても分かる、ひどい安物だ。しかも手入れが行き届いていないせいか、くしゃくしゃになっていやがる。これは…そう、剥いたミカンの皮が萎びたみてえな代物が、頭に乗っていやがるんだよ。お陰で端っこの方がスカスカで、地肌や地毛が丸見えだぜ。

困ったぞ、こいつはかなり困ったぞ。

店には俺とセニョールの2人きり。セニョールの隣の席がきっかり一人分、まるで俺を待ち構えているかの様に空いている。ここはできれば距離を置きたいところだが…仕方ねえ、席に着くしかあるまいよ。
1分、2分、時間は刻刻と過ぎてゆく。俺の心配とチラ見をよそに、セニョールは何食う顔だ。畜生、人の気も知らないで暢気なもんだぜ。

そうこうしている内にようやく、セニョールの弁当が出来上がった。セニョールは弁当を受け取り、店を出た。ようやく俺は、あのしなびたみかんの皮みたいな物体の恐怖から開放されたのさ。

しかしまあ、場所が悪かったよな。ただでさえ時間のかかるオリジン弁当だが、今日ばかりはまるで永遠の時間(とき)をさ迷う旅人の様な気分だよ。

その時ふと、中島みゆきの歌と3年B組金八先生の名シーンが頭を過ぎった。そうだ、セニョールは萎びたミカンなんかじゃない。今度会う時には、"お前は俺の生徒だ!"と言って抱きしめてやろう。そんな感動のワンシーンを思い浮かべていると、俺のラテンの血が騒ぐぜ。
posted by mexican at 23:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 鬘草子(かつらのそうし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

頭髪ポータビリティ

やあ、俺だ。
今日の厳しい仕事を終えてようやく帰ってTVを付けてみると、もう"きょうの出来事"なんて番組がやっていやがる。ああいやだいやだ、と自分の仕事っぷりに呆れながら番組をみていたのさ。

すると、携帯の番号ポータビリティの話題になってね。ホラあれさ、携帯キャリアを変えても番号をそのまま使いまわしできるっていう。
そんな中、ニュースといえどもTV番組だ、イメージ映像ってのが必要だろう?それで家電量販店の携帯売り場なんかを映し出す訳さ。

その中に、な。
見付けちまったんだよ。
とあるセニョールの後姿が映ったんだが、その…頭部がね。

こないだの矢幡洋を髣髴とさせる、頭との一体感のなさ。帽子にも劣る密着度の低さでね。いやぁあまりの惨状に、思わず目を覆ったね。
こんなのを全国放送しちまっていいのかと疑問におもったよ。第一セニョールの許可なんぞ取っちゃあいないだろうし、こんなものを見せられちまったら、全国の視聴者の心に傷が残っちまうってモンさ。

何が言いたいかってぇとだな、こんなk2rをTVで堂々と放映されちまっちゃあ、俺のラテンの血が騒ぐって訳よ。
posted by mexican at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 鬘草子(かつらのそうし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

全国ネットでダウト

やあ、俺だ。
昨日の午前中なんだが、TVでとんでもねえ画が流れていたんだが、アンタ観たかい?
その番組はサタデースクランブルってヤツだ。ワイドショーっぽい番組で東ちづるが出ていたっけな。

内容はあの痛ましい秋田の事件で、それについて根掘り葉掘り、まあイヤらしいネタをちりばめていやがったよ。
だが今は、その内容が問題な訳じゃあないんだ。
出ていた人物が問題なのさ。

心理学者の先生で矢幡洋ってセニョールが出ていたんだが、この人が酷いk2rでね。そうさな、言ってみりゃあ"みかんのへた"みたいなモンでね。上からすっぽり被っているんだが、即頭部のトコが浮いていて、正面から見ると頭と毛に似せた謎の物体の間から向こうが見えちまうんだよ。

どうやらこのセニョール、自分の研究所まで持っている先生らしいんだが、そんな先生が何故こんな安物のk2rをしているんだろうな?金がないって訳でもねえだろうに。

ハッ!?ひょっとするとコイツは、一種の心理テストか何かかも知れねえな。心理的ストレスを与えてその反応から周りのヤツの分析をしようというな。もしそんな高度なテストを仕掛けられていたんだとしたら…俺のラテンの血が騒ぐぜ。
posted by mexican at 17:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 鬘草子(かつらのそうし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

ツートンカラー

やあ、俺だ。
今京浜東北線に乗っているんだが、居るんだよ。ヤツが。
ぱっと見には分かり難いんだが、少々惜しかった。

ツートンカラーになっちまっているんだよ。被りものの部分はツヤツヤ黒光りしていやがるくせに、もみあげ辺りは白髪混じり。これじぁあ、オースマン・サンコンなら2km先でも見破るだろうぜ!

今ヤツは本を読むのに夢中なんで、ここぞとばかりじっくり拝ませて貰っているんだが、やっばりダメだな。
どう見てもコイツは人体の一部にゃ見えやしねえ。こんな代物をこれ見よがしに見せられちまっちゃあ、俺のラテンの血が騒いじまうぜ。
posted by mexican at 20:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 鬘草子(かつらのそうし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

ライブ中継

やあ、俺だ。
大きい声じゃあ言えねえが、今俺の目前に、あるんだ。例のものが!!

コイツはなかなかの上玉だ。ちゃんと分け目もあるし、うっすら地肌も透けて見えやがる。これじゃあ、経験の浅いハンターでは見逃しちまうかも知れねえな。

だが、今回ばかりはちょっと相手が悪かったな。この、幾千ものk2rを見破ってきた俺をたばかる事はできやしないぜ。

その作り物の分け目、頭頂部だけツヤツヤの黒髪で襟足が白髪混じりのくせ毛、ネタは全て上がってるんだ、観念しやがれ!

ハァハァ、フウ。
久しぶりの接近遭遇・ライブ中継に、俺のラテンの血が騒いじまったぜ。
posted by mexican at 20:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 鬘草子(かつらのそうし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

100万ドルの男

やあ、俺だ。
先日さる街中を歩いていた時の事だ。
もう歩くにも位に人が多くて、窮屈さで俺のラテンの血が騒ぎ出しちまいそうな気分だった。
そんな中、ふと前を歩いているセニョールの、頭頂部が目に付いた。

おやっ?

何なんだ、この違和感は!?
ぱっと見にはやや頭頂部が薄いだけの様に見えるこの髪型、だが何かがひっかかりやがる。
頭の中を、何かでチクチク刺される様な感覚。

よぅく見てみると、その薄い頭頂部だけが、髪の毛とは違う成分でできている、そんな気がしてならねえんだ。そこで目を凝らしてじっくり見つつ、あらゆる可能性を検討してみたのさ。

部分k2rか?
いや、それとはちょいとばかり違う。
ヘアコンタクトか?
いや、これはそんな高級なもんじゃあない。
これはk2rとは違う、別の何かだ!!

じゃあ一体何なんだ?

その時、俺の頭の中でフラッシュバブルが弾けた。

フリカケ!!

別名人間ジオラマとも呼ばれる"あれ"だ!そうに違いねえ!!

使用例の写真を見てみたんだが、写真ではどうも見分けはつかねえ様な気がするだろう?だがこれは、遠目に見ているから見分けが付かねえ様な気がするだけだ。実際間直でこいつを見ちまったら、"ダウト!"と叫びたくなっちまうぜ。それ位に違和感があるんだ。
しかも目の届き難い箇所にふりかけるだけとあって、どうもムラがあってね。これじゃあ素人はごまかせても、エルコンドルの異名を持つ俺には通じやしないぜ!
そんな舐めた真似をされちまっちゃあ、俺のラテンの血が騒いで、そのふりかけを一息で吹き飛ばしちまうぜ?
posted by mexican at 00:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 鬘草子(かつらのそうし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

迷惑行為

やあ、俺だ。
今日の帰り、東京駅で乗り換えをしていた時の事だ。
さすがは東京駅だぜ。ラッシュアワーを過ぎて一段落していたとはいえ、人で溢れ返っていやがる。連絡通路を忙しなく歩いている時も、前へ進もうとすると脇から人がわらわらと出てきて、歩き難いったらありゃあしないぜ。

そんな人込みの中を歩いていると、さる壮年のセニョールが俺の前に立ちはだかった。
その瞬間、すぐに分かったね。これはk2rだと。

酷い。あまりにも酷過ぎるっ!!

こんなのはk2rじゃあない。k2rとして必須の機能、カモフラージュの機能をこれっぽっちも果たしちゃいないぜ。
k2rハンターの幼稚園の入園試験にだって、こんな問題は出やしねえ。言うなれば、"I♥ k2r."ってなTシャツを着て街を歩いている様なもんだ。

迷惑。そうだ、これは迷惑行為だ。
k2rの方に配慮しなくちゃいけねえという俺たち一般人の良心につけ込んで、k2rという無言の暴力を振るう、迷惑行為だぜ。

畜生、なんて事だ。こんな非道がまかり通っていいんだろうか?
k2rで嫌がらせをされた俺にラテンの血に騒がせるなと言ったって、そいつは無理な相談ってモンだぜ。
posted by mexican at 23:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 鬘草子(かつらのそうし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

確認はしっかりと

やあ、俺だ。
今日の帰りの千代田線での事だ。
西日暮里で電車が来るのを待っていると、ホームに電車がするりと入ってきた。その電車がゆるゆると速度を落とした時、まるで時間がスローモーションの様にゆっくりと流れる様な感覚に襲われちまってね。そしてその時。窓越しにある物体が目に留まったのさ。

奇妙な光沢の、黒い物体。

アレだ。間違いない!
俺はその黒い物体が見えた付近のドアから電車に乗り込み、調査に乗り出した。

電車に乗り込んだ俺の右手、3,4m離れた辺りで、その黒くてふさふさしたその物体は、床からおよそ150-200cm程の所で滞空していやがる。丁度、さるセニョールの頭上にぴったりと張り付いてね。だがセニョールは頭上にそんな物体がある事に気付かねえのか、何気ない素振りだ。周りの人も気付いちゃいない。

そうこうしていると、そのセニョールの近くの席が空き、セニョールが席に座ろうと動き出してね。
ようし、チャンス到来だ。
俺は危険を顧みず、セニョールに近寄って俯瞰からじっくりと確認した。
モミアゲ付近だけに生えた白髪、髪質の2ブロック、そしてなにより7:3の分け目から地肌がまるで見えやしねえ。

BINGO!

俺が達成感に包まれたその時、無情にも電車は亀有に着いた。俺は電車を降り、そしてホームを歩いている途中、席に座っているセニョールの後頭部を窓の外から再度確認した。

つむじが、無かった。

ふっ、ここ数ヶ月ばかりお目に掛かれなかったが、冬眠でもしていたのかい?春になったから活動し始めたってぇのかい?久しぶりの接近遭遇に、俺のラテンの血がつい騒いじまったよ。
posted by mexican at 23:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 鬘草子(かつらのそうし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

確認

やあ、俺だ。
今日の仕事が開けた後、駅のホームに着いた時の事だ。
電車待ちの列の最後尾に入るセニョールの頭が、やけに照明を反射していてね。
まるで金属が太陽光を反射しているかの様だったよ。

そこで俺はピーンときた。
間違いない、アレだ。
そして近付いてみて、それは確信へと変わった。

だのに。
一緒に居た仕事仲間はまったく気付いている様子もありゃしねぇ。
だから仕方なく、そっと耳打ちしてやったのさ。

そうしたらどうだい、仲間はなんと、疑惑の渦中のセニョールの周りを一周しちまいやがったのさ。
半笑いの、好奇心いっぱいって顔でね。

だ、ダメだ。いくらなんでもあからさま過ぎるぜ!
それじゃあ、センシティブなセニョールにバレバレだ!!

まあ、あからさまなk2rってのもどうかと思うが、
そんなあからさまなk2rチェックをされちまっちゃあ、俺のラテンの血も凍っちまうって事さ。
posted by mexican at 23:01| Comment(10) | TrackBack(0) | 鬘草子(かつらのそうし) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。